見逃したドラマ「僕らは奇跡でできている」1話~最終回の無料動画をまとめました!

見逃したドラマ「僕らは奇跡でできている」1話~最終回の無料動画をまとめました!

見逃したドラマ「僕らは奇跡でできている」をもう一度ぜんぶ見たい!人のために全話を無料で視聴する方法をまとめました。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の見逃し動画の解説

ドラマタイトル 僕らは奇跡でできている
放送期間 2018年10月9日~
放送時間 火曜 21:00~21:54
制作局 フジテレビ
脚本 橋部敦子
出演者・キャスト 高橋一生
榮倉奈々
要潤
児嶋一哉(アンジャッシュ)
西畑大吾(関西ジャニーズJr.)
矢作穂香
北香那
広田亮平
阿南健治
田中泯
戸田恵子
小林薫
主題歌・エンディング  

「僕らは奇跡でできている」は、高橋一生さん演じる”変わり者”の大学講師である、相河一輝の日常をコミカルにえがいたハートフルドラマです。

大学生のときに教えてもらった冴島教授(小林薫)の推薦で、半年も前から講師として生活をスタートさせた相川一輝。

大好きな動物と生き物とそれ以外にはまったく興味がない”相川一輝”は、大学がきちんと設けていたルールにたいして、どれも守ることができずに、早々職場の事務長からこっぴどく怒られてしまう…

評価投稿数: 1
5

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

見逃したドラマ「僕らは奇跡でできている」1話~最終回の無料動画をまとめました! SKU UPC Model

高橋一生さんの大ファンです!今回も変わり者の大学講師ということで毎回彼の笑顔に癒されたいと思います!

み~もさん 

福島県  |  
37  |  
パート  |  
2018/9/11
5

高橋一生さんの大ファンです!今回も変わり者の大学講師ということで毎回彼の笑顔に癒されたいと思います!1話見逃したらFODをアプリインストールするとスマホ視聴できると聞いてさっそくやってみます~

5.0 5.0 1 1 高橋一生さんの大ファンです!今回も変わり者の大学講師ということで毎回彼の笑顔に癒されたいと思います!1話見逃したらFODをア 見逃したドラマ「僕らは奇跡でできている」1話~最終回の無料動画をまとめました!

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の見逃し動画を無料で見る方法①

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の見逃し動画は、放送終了から1週間以内の場合は

スマホからTverで見ることができます!

MEMO
TVer(ティーバー)とは、民放各社が初めて連携した公式テレビポータルサイトです。各局の人気ドラマやバラエティが無料で動画視聴できます。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の見逃し動画を無料で見る方法②

もし、僕らは奇跡でできているが放送終了から1週間を経過している場合は、

TVerで見ることができません。

その際は、再放送まで待つか、DVD-BOXやブルーレイBOXが発売するまで待つか、

しかできませんでしたが、最近では動画配信サービスによって、見ることができます。

動画配信サービスで「僕らは奇跡でできている」の無料動画をどうやってみるか?

高橋一生さん主演の「僕らは奇跡でできている」はフジテレビで放送予定です。

TVerで無料放送終了後に、見逃した「僕らは奇跡でできている」をもう一度見たい!場合は、フジテレビ系のドラマがもう一度スマホで見れるVOD「動画配信サービス」をチェックするとよいでしょう。

僕らは奇跡でできているが見れる動画配信サービスはどれ?

それでは、次にドラマ「僕らは奇跡でできている」のスマホで見逃し動画を見れるVOD「動画配信サービス」を調べてみました。

僕らは奇跡でできているが見れるVOD
  1. FOD
  2. dTV

主に、2つのVODで、見逃した「僕らは奇跡でできている」が見れるんですね~

それぞれがどういった動画配信サービスなのか?調べてみましたので、ご紹介します。

僕らは奇跡でできているをFODで見るには?

FOD 見逃し

FODは、フジテレビ・オンデマンドの略で、

フジテレビが運営する「定額見放題」の動画サービスとなっています。

番組放送直後にも、見逃しはTVerで!1話から見たい人はFODで!と、番組内で紹介されている通り、

フジテレビ公式の配信サービスとして、FODが支持されています。

事業者名 FOD(フジテレビ・オンデマンド)
販売事業者 株式会社フジテレビジョン
サービスの特徴
  • フジテレビの名作ドラマ・バラエティを中心に22000本
  • 電子書籍17万冊以上
  • 視聴端末:PC、スマートフォン、タブレット
  • 最新映画・アニメ・キッズ・ファミリーの多彩なジャンル
月額料金 880円
無料期間 初回31日間

「FOD」は、なんといっても、月額880円でフジテレビの名作ドラマや見逃し最新作・バラエティをはじめ、22000本以上の動画が見られるのと、

電子書籍がセットになっているのが特徴です。

FODのアプリをインストールすると、動画と電子書籍(マンガ・雑誌)も17万冊以上読み放題になるのです。

初回1ヵ月は無料で見られるので、アプリをインストールして「おもしろくない」「使いにくい」と思えば、無料期間中に、解約すればお金はいっさいかかりません!

しかも、5台までさまざまなデバイス(機器)からログインできるので、880円÷家族・友人の数と考えれば、さらにお買い得度が増します(笑)

mitai

FODのメリットは、フジテレビの公式見逃し動画配信サービスという点です。あとは、電子書籍(マンガ・女性誌・雑誌)とセットで880円というお買い得さです。dTVの場合はdマガジンという別のアプリを500円でプラスしないといけないので、合計は1000円となっています。

⇒ FOD の公式サイト

 ⇒ FOD の口コミと詳細

僕らは奇跡でできているをdTVで見るには?

アンナチュラルをdTVで見るには?

次に「僕らは奇跡でできている」をdTVで見る方法をご紹介します。

dTVは、ドコモの動画配信サービスなのですが、実はドコモユーザーでなくても、入会することができます。

500円(ワンコイン)で12万本以上の動画を見ることができるのはかなりお得です!

事業者名 dTV(ディーティービー)
販売事業者 株式会社NTTドコモ
サービスの特徴
  • docomoユーザー以外でも契約できる
  • 動画本数12万本以上
  • ほぼすべての動画をダウンロードできる
  • FOXチャンネルのリアルタイム配信あり
  • フィットネス動画でダイエットも
月額料金 500円
無料期間 初回31日間

見逃した「僕らは奇跡でできている」を見たい!とdTVで検索したときは、まだ早かったのかありませんでした。

FODはフジテレビ系列だったので、すぐに見逃し配信が始まりましたが、dTVは少ししてから見逃し動画配信がはじまりました。

それでも月額500円で入会できる手軽さからか、会員数が500万人と日本国内で人気ナンバー1です。

dTVではアカウントが1つしか作れませんが、デバイス(機器)は5台登録できるので、家族それぞれが違ったスマホ・タブレットから見ることが可能です。

mitai

dTVのデメリットは、電子書籍(マンガ・雑誌)見れないことです。dマガジンといった別のサービス(500円)を登録しなおせば入れます。dTVのメリットは月額500円の低価格と、ドコモユーザーでなくても、クレジット・デビットカード払いで利用できる点ですね!

⇒ dTVの公式サイト

 ⇒ dTVの口コミと詳細

高橋一生主演の僕らは奇跡でできているのあらすじと展開予想・見どころ

10月9日スタートの新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜よる9時)。主演の高橋一生さんが演じる、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマです。既に発表されている、榮倉奈々さん、要潤さん、アンジャッシュの児嶋一哉さん、田中泯さん、戸田恵子さん、小林薫さんに加えて、関西ジャニーズJr.の西畑大吾さん、矢作穂香さん、北香那さん、広田亮平さんが高橋の教え子の大学生役として出演することが決定しました。西畑さんにとっては、今作がゴールデン帯に放送される連続ドラマへの初出演となります。

4人が演じるのは、一輝が教べんをとる大学の学生役。“楽に単位が取れるから”“生き物が好きだから”といったそれぞれの動機で、一輝が教える動物行動学の授業を選択した4人組。西畑さんは、イケメンなのにちょっぴり“天然”で、同級生からツッコまれる新庄龍太郎(しんじょう・りゅうたろう)を演じます。群馬県から上京するものの、人生の目標は特になく“大学=遊ぶ場所”という認識で毎日を過ごしている。そんな新庄を演じる西畑さんは、これまで連続テレビ小説『ごちそうさん』や『あさが来た』に出演してきましたが、今作でゴールデン帯連続ドラマへの初出演を果たします。出演が決まった時の気持ちについて、「すごく嬉しい気持ちと“どうなるんやろ?”っていう不安がありました」と、本音を吐露した西畑さん。顔合わせで初対面した、高橋さんの印象について「なんであんなに白シャツが似合うんやろと(笑)。僕も白シャツを着てきたんですけど、似合い方が全然違うな~という感じでした。この作品にかける思いを熱心にお話される姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!」と話し、早くも高橋座長への信頼の高さをうかがわせました。そんな高橋さんとの共演について「僕にとって高橋さんは“テレビの中の人”だったので、こんなに早く共演させていただけることは光栄ですし、間近でお芝居を見られるのはすごくうれしいです!」と、喜びを爆発させました。最後に「ハートフルで気持ちがほわっと明るくなって“今週も頑張ろう!”と思っていただける内容になっていると思います。ちょっとコメディー要素もあったりして、クスッと笑っていただけるような部分もありますので、ぜひさまざまな世代の方に見ていただきたいです!」と呼びかけました。
矢作穂香さん演じる青山琴音(あおやま・ことね)は、ファッションが大好きなオシャレ女子大生。気になる異性に対しては積極的に行動する、“肉食系女子”。最初は一輝の授業に無関心だったものの、一輝の予期せぬ言動が頭から離れなくなり、徐々に興味を持つようになっていきます。矢作さんはドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』での一途なヒロイン役が国内外で好評を博し、映画でも数々の話題作に出演するなど、その表現力には定評があり、今作ではどんな演技を見せてくれるのか、期待が高まります。
北香那さんは、生き物が大好きな真面目女子・尾崎桜(おざき・さくら)を演じます。4人の中で唯一、熱心に一輝の授業を聞いているものの、自分に自信がないため、意見や発言はできない、控えめな女子学生です。ドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)でジャスミン役を演じ、一躍注目を浴びた北さん。今作では、これまでと異なる魅力で、視聴者を楽しませてくれるに違いありません。
広田亮平さんが演じる須田巧(すだ・たくみ)は、4人の中で一番のしっかり者で、天然な新庄の言動にツッコむこともある役どころです。4歳から子役として活躍し、連続テレビ小説『こころ』や大河ドラマ『花燃ゆ』『真田丸』に出演するなど、着実に演技力を培ってきた広田さん。今作でも安定した存在感で、物語に花を添えてくれるはずです。

次世代を担うフレッシュな顔ぶれが加わる『僕らは奇跡でできている』。クスッと笑えて、最後はほっこりする物語に、ぜひご期待ください!

Q. 出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
すごく嬉しい気持ちと“どうなるんやろ?”っていう不安がありました。ずっとお世話になっているカンテレ制作ということで安心感がありますし、恩返しみたいなものができればなという気持ちがあります。
Q. 新庄龍太郎という役の印象はいかがですか?
イケメン大学生なんですよね(笑)。イマドキの大学生だな、というのをすごく感じました。群馬県出身の子で、東京に出てきて、ちょっと東京にかぶれつつある…っていう男の子ですけど、天然でそこがまた愛嬌があって、可愛らしいところでもありますよね。
Q. 主演の高橋一生さんの印象はいかがですか
なんであんなに白シャツが似合うんやろと(笑)。僕も今日は白シャツを着てきたんですけど、似合い方が全然違うな~という感じでした。この作品にかける思いを熱心にお話しされる姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!
Q. 高橋一生さんとの初共演についてはいかがですか
僕にとって高橋さんは“テレビの中の人”だったので、こんなに早く共演させていただけることは光栄ですし、間近でお芝居を見られるのはすごくうれしいです!
Q. 視聴者へのメッセージや見どころをお願いします
ハートフルで気持ちがほわっと明るくなって、“今週頑張ろう!”と思っていただける内容になっていると思います。ちょっとコメディー要素もあったりして、クスッと笑っていただけるような部分もありますので、ぜひさまざまな世代の方に見ていただきたいです!
Q. 出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
とても嬉しかったです。ゴールデンの連続ドラマにレギュラーメンバーで、大人の方々に囲まれての作品は初めてなので、すごくドキドキしています。
Q. 青山琴音という役の印象はいかがですか?
琴音は特にやりたいこともまだ見つかっていない女の子で、そういう子って周囲にいるんじゃないのかな、と思います。ファッションとかメイクにとても興味があるのですが、私もファッションが好きなので、役の特徴に近づけられたらと思います。
(高橋一生さんが演じる)一輝先生とかかわってから、それまで何にも興味のなかった琴音が変わっていき、どう成長していくのか、まだ分からないですが、少しでも影響を受けている一輝先生に、琴音としてもっと近づいていけたらと思います。
Q. 主演の高橋一生さんとの共演について、お気持ちはいかがですか?
以前DVDで「トランス」という鴻上尚史さん演出の舞台を拝見して以来、高橋さんといつかお芝居をご一緒させていただきたいと思っていましたので、とてもうれしいです。たくさん勉強させていただきたいです。
Q. 視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
私自身、台本を読んでいてすごく癒されるんです。ドラマをご覧になられる視聴者の皆さんにもそう感じていただきたいですし、日常のひとつになっていただけたらと思います。

Q. 出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
連続ドラマにレギュラーメンバーとして出演させていただくとお話を聞いた時は、嬉しさと緊張で気持ちがぎゅっと引き締まる感じがしました。ドキドキ、ワクワクしました。
Q. 尾崎桜という役の印象はいかがですか?
大人しくて、あまり喋らず、気持ちを人に伝達することが苦手な子。というイメージです。でも自分の好きなことをやっている時は、少女漫画のようなキラキラした目をするような子…という印象です。
Q. 主演の高橋一生さんとの共演について、お気持ちはいかがですか?
顔合わせの際、高橋さんがスタッフさん、共演者様にご挨拶をなさったのですが、その際に全体が見える位置に少し移動してからご挨拶をなさっていて、わぁ…こんなにテレビでよく見かける方なのにお気遣いをなさっている…凄い…とこっそりと感動してしまいました。共演させていただけることが夢のようです。すごく楽しみです。
Q. 視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
高橋一生さん演じる一輝の真っ直ぐなキャラクター性に、とても心惹かれるドラマだと思います。うまく表現することが難しいのですが、「新感覚ドラマ」というジャンルな気がしています。皆様にも是非、楽しみながらご覧いただきたいです。
Q. 出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
お話を聞いたときは嬉しくて感情がフワフワしていました。
その後出来上がった脚本を読んだり監督とお話させていただいたりするうちに、「早く撮影に入りたい!」と、ずっと撮影を楽しみにしていました。
Q. 須田巧という役の印象はいかがですか?
いつも新庄、琴音、桜と一緒にいる須田ですが、彼はダラダラしたこの先不安な学生だと思います。しかし、彼自身も悩みを抱えていると思います。普段の学生生活や将来のことなど、大学生なりの不安があるのが今だと思うので、僕も須田がどうなっていくのか楽しみです。
僕と同世代の方にも見ていただきたいです!
Q. 事務所の先輩にあたる高橋一生さんは、広田さんにとってどのような先輩ですか?また共演にあたり、今のお気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?
もちろん役者としての先輩でもありますが、人としても沢山のことを学ばせていただける方だと思っています。一度(大河ドラマで)ワンシーンだけ共演したことがありますが、たまに事務所でお会いするときも優しく笑顔で迎えてくださる素晴らしい先輩です。この現場でも、近くでお芝居を見ながら多くのことを勉強していきたいと思います!
Q. 視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
相河一輝という人物を中心に、色々な人たちが変化していく物語です。僕自身脚本を読んで学ぶことが多いので、見ていただく皆さんにも刺さる何かがあればいいなと思います。相河先生の授業によって変わっていく学生たちの変化にもぜひ注目してください!
榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、田中泯、戸田恵子、小林薫の出演

10月スタートのカンテレ・フジテレビ系の新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜21時)。主演の高橋一生さんが演じる、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマです。このドラマに、榮倉奈々さん、要潤さん、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さん、田中泯さん、戸田恵子さん、小林薫さんの出演が決定しました。榮倉さん、要さん、児嶋さん、田中さん、戸田さんは、高橋さんと初共演となります。

“変わり者”の大学講師 × “クセの強い”キャラクターたち
高橋一生と演技派俳優陣が織りなす、コミカルかつハートフルな世界観は必見

榮倉奈々さんが演じる水本育実(みずもと・いくみ)は、歯科医師で一輝が通う歯科クリニックの院長。容姿端麗で若くして院長を務める育実は、まさに才色兼備で、周りからもうらやましがられるような人生のはずですが、真面目で頑張りすぎてしまうがゆえに正論を言い放ち、周囲からは冷ややかな目で見られてしまう“こじらせ気味”な一面も。一輝の担当となるものの、話を聞かなかったり、診察時間を守らなかったりする一輝に、「常識ってものがないんですか?」などときつく当たってしまいます。しかし、一輝が時折発する核心を突く一言に、次第に心を動かされていくことに…。

今作で、7年ぶりにフジテレビ系連続ドラマにレギュラーで出演する榮倉さんは、初めての歯科医師役。育実について、「演じさせていただく水本育実は、人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。そして、「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました。皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と抱負を語ってくれました。

要潤さんが演じる樫野木聡(かしのき・さとし)は、一輝と同じ研究室の准教授。野心家で上昇志向が強く、教授の座を狙うため、論文作成にいそしむことに加え、教授にこびを売る男。そんな樫野木は、教授の口利きで講師になった一輝のことを快く思っていない上に、日々マイペースな一輝に不本意ながら振り回されてしまいます。これまで数々の作品でバイプレーヤーとして存在感を発揮してきた要さん。「主演が高橋さんということで、今一番輝いている俳優さんだと思うので、共演できる事を嬉しく思います。と同時に、同い年という事で、団結しやすいと思いますし、逆に刺激も与えられやすいと思いますので、今から非常に楽しみです」と、クランクインを心待ちにしている様子。また自身が演じる樫野木については、「軽くて、ズルくて、嫉妬深いやつで、とても演じがいがあると感じています」と話した上で、「暑い夏を終え、心身共に疲れた日々に、少しでもその疲れを癒す事の出来る作品になれるように頑張ります」とメッセージを寄せてくれました。

児嶋一哉さんは、一輝の同僚講師でアリを専門に研究する、沼袋順平(ぬまぶくろ・じゅんぺい)を演じます。研究室で何十匹ものアリを飼育、観察している沼袋は、すべてのアリを識別できるという、まさに“アリおたく”。同僚である一輝や、先輩である樫野木とは常に一定の距離を保っていますが、研究室では異彩を放っています。大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)や『おっさんずラブ』(テレビ朝日)、『フリーター、家を買う。』(フジテレビ)に出演するなど、本業のお笑いだけではなく俳優としても活躍する児嶋さん。周囲とは決してなじもうとしない“アリおたく”の沼袋が醸し出すシュールな世界観を、どう作り上げていくのかご注目ください。児嶋さんは「このお話をいただいたとき、“母親が喜ぶぞー”と思いました!僕が演じる沼袋は、“気持ち悪い奴”という印象で、演じるのが楽しみです!とにかく高橋一生さんが出ているので、間違いないです!みんな見てねー!」と、視聴者の皆さんに呼びかけました。

田中泯さんが演じる相河義高(あいかわ・よしたか)は、一輝の祖父であり陶芸家。幼い頃から一輝の面倒を見てきた人物で、一輝にとって一番の理解者です。その一方で、一輝にある事実を打ち明けられずにいます。ダンサーとしてだけでなく、映画「たそがれ清兵衛」やドラマ『モンテ・クリスト伯 ‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ)と、幅広いジャンルの映像作品でも活躍してきた田中さん。他を圧倒する表現力で、主人公の“心のよりどころ”となる役を演じます。

戸田恵子さんが演じるのは、一輝の家に住み込みで働く家政婦・山田妙子(やまだ・たえこ)。好みの味が見つかると同じものを食べ続けたり、部屋の掃除を断固拒否したりする一輝にあきれつつも、温かく見守っています。一輝が15歳の時から相河家で働いているため、一輝に歯に衣着せぬツッコミをお見舞いすることもしばしば。また一輝にとっても、唯一、文句やわがままを遠慮なしに言うことができる存在となっています。これまでコミカルからシリアスまで見事に演じ分けてきた戸田さん。家政婦・山田と“変わり者”一輝が、一つ屋根の下で日々繰り広げる軽妙な掛け合いは、ドラマの見どころの一つです。戸田さんは、「高橋一生さんとの初共演がとても楽しみです。私が演じる山田妙子は、得体のしれない、でもきっと面白くて、良い人。皆さまに元気になっていただけるような、そして何か新感覚なドラマになる予感がしています」と、期待を寄せました。

小林薫さんが演じる鮫島瞬(さめじま・しゅん)は、動物学の権威で一輝が勤める大学の学部長で、一輝や樫野木が所属する研究室の教授。一輝が大学時代に師事した恩師で、興味のあることに夢中になれる一輝の性格を買って、一輝の卒業後も度々自分のフィールドワークに参加させ、ある思いから、自らが教授として在籍する大学に一輝を講師として迎え入れました。陽気な性格でユーモアがあり、なおかつ探求心にあふれる人物。一方で、その自由奔放な言動から、「つかみどころがない」という印象を持たれることも…。これまで40年以上にわたって役者として活躍し、群を抜く演技力で作品に深みを持たせてきた小林さん。今作では、昨今の出演作で演じてきたイメージとは異なる役柄で、視聴者を楽しませてくれるに違いありません。

実力派キャストと共にお送りする、新火9ドラマ『僕らは奇跡でできている』。高橋さん演じる“変わり者”の大学講師・一輝と、一輝を取り巻く個性的なキャラクターが織りなす、クスッと笑えて、最後はほっこりする物語。ぜひご期待ください!

“民放GP帯連続ドラマ初主演”ということで、ありがたいお話をいただけたと思いました。僕は恵まれた環境にお声掛けしていただくことが多いです。今回の作品でも、僕が演じさせていただきます一輝は、“自分の世界を大事にしているところ”が似ていますし、とても興味深い世界観なのでうれしく思っています。
今回、“座長”という立場で臨む現場にはなりますが、あくまで作品の1ピースなので、これまで通り作品と作品作りの現場を大事にしていきたいと思っています。
現代では、“足りない”という感覚が、多くの人達を突き動かしているように感じます。一輝は、そういったものから少し外れている人間です。この作品は彼の成長譚(せいちょうたん)ではなく、彼の生き方を通して“足りている”という豊かな気持ちを、僕自身改めて気付き直していきたいですし、決して説教臭くなく、ある生き方の一例と共に皆さんにお届けできたらと思っています。

圧倒的な演技力で高い評価を得る俳優・高橋一生が、民放GP帯連ドラ初主演!
生き物のフシギに目がない“変わり者”の大学講師役に挑戦!

カンテレ・フジテレビ系全国ネットで10月からお届けする火曜よる9時ドラマが、高橋一生が主演を務める『僕らは奇跡でできている』に決定した。高橋は本作で、民放のGP帯(ゴールデン・プライム帯 19時~23時)連続ドラマ初主演を果たす。

子役としてデビューして以降、ドラマ、映画、舞台と、幅広い分野で活躍してきた高橋。近年でも、『僕のヤバイ妻』(カンテレ)や大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)、『カルテット』(TBS)、『民王』(テレビ朝日)など、数々の作品に出演し、見る者の心をつかんで離さない、圧倒的な存在感を放ってきた。

そんな高橋が、民放のGP帯連続ドラマ初主演作で演じるのは、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)。興味のあることや好きなことには集中力が高く、気になることは徹底的に調べたり研究したりする一方、不得意なものは先送りにする癖があり、時間やルールを守ることができない男。また、自分が無関心な話になるとすぐに熱が冷めてしまうため、人の話を聞かなかったり、空気を読むことができず、悪気なく失言してしまったりすることも少なくない。そのため周囲からは“変わり者”として少し距離を置かれてきた。そんな周りの評価も、当の本人はどこ吹く風。とにかくどこまでもマイペースな一輝に、周囲はいらだち、翻弄(ほんろう)され、時には妬(ねた)むことも。しかし、偏見や先入観にとらわれることなく、自分の興味や好奇心に素直に従い“毎日を心豊か”に過ごす一輝の姿勢に、周囲の人々も次第に影響を受けていく…。そんな“ちょっとユニークな”主人公を、高橋がどう演じるのか注目だ。

“普通” “常識” “当たり前”…それは、あなたが決めた“ものさし”
周りに流されず、ただ、自分の好きなことに一生懸命な主人公が、あなたの心をザワつかせる!

物語は、『僕の生きる道』シリーズ(カンテレ)、『フリーター、家を買う。』『フラジャイル』(ともにフジテレビ)などの脚本を手掛けた橋部敦子による完全オリジナル。

主人公の一輝(35)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。大学時代に師事した教授のすすめで、半年前に講師としての生活をスタートさせたばかり。しかし、大好きな動物や生き物のこととなると、他のことには目もくれず没頭してしまう性格のため、大学が設けるルールを守ることができず、職場では叱られる日々。挙句の果てに、面倒だと思うことを先送りしてしまう癖があり、時間を守ることも苦手なため、通い始めたばかりの歯医者からは「常識っていうものがないんですか?」と言われる始末。

そんな一輝の授業は“普通ではない”。学生に課題を出してそれぞれの意見を発表させるものの、結局は「正解はわからない」と言い、学生たちを困らせてしまう。一輝の言動に、周囲は戸惑い、時にはいらだつことも。その一方で“常識や固定観念にとらわれず、ユニークなものの見方をする”一輝を見て、自らの価値観を大きく揺さぶられる。

そして、自分の好きなことに無心に取り組んでいた幼い頃、誰もが持っていたはずの純真無垢な気持ちを思い出していく…。

「それ、誰が決めたんですか?」「物語の解釈は、自由です」

一輝の言葉は、きっとあなたの心に問いかける。
つい他人と自分を比べてしまうすべての人に贈る、クスっと笑えて最後はほっこりする物語。
ぜひ、ご期待ください!